撫順の奇蹟を受け継ぐ会 神奈川支部 | Kanagawa Branch of Association to Carry on Miracle in Fushun

2月/13

19

更新情報

京浜協同劇団(川崎市)で11月30日から10回の公演

 いま、川崎市内にある京浜協同劇団で秋の公演「人のあかし」にとり組んでいます。受け継ぐ会神奈川支部は全面的な協力を行なっています。

 戦争で“鬼”になった人が、撫順戦犯管理所で“真人間”に戻った。そこには何があったのか。撫順戦犯管理所であった本当の事実はもっともっと知らなければならない。知らせなければならない。
 
 本公演は、ひとりの劇団のリーダーの方が受け継ぐ会神奈川支部が主催する「神奈川証言集会」に参加されたことからはじまりました。中帰連の方の証言を聞き、撫順戦犯管理所であった事実を知り、「こんな大切なことがなぜ世間に知られていないのだろうか。もっともっと広く、この事実を知らせなければならない。ぜひとも劇団で公演したい」と考えられたのです。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

日程、アクセスなどの詳細は京浜協同劇団のHP (http://www.keihinkyoudougekidan.com/next-stage)をご覧下さい。

No tags

6月/12

17

更新情報

先日の撫順戦犯管理所訪日団歓迎行事に関する報告をアップロードしました。

  • 神奈川支部情報特集号(2012年05月03日)
  • No tags

    緊急のお知らせです。

    以下の通り時間がありません。4月25日に撫順戦犯管理所所長以下訪日団が来日します。(25日以降の訪日団のスケジュールは最後に書いてあります)28日には神奈川を訪れます。主な目的は3月に99才を迎えられた絵鳩毅さんとお会いして話し合われることです。

    絵鳩さんはたいへんお元気です。まだまだいろんなお話しを聞かせて下さると思います。神奈川支部として企画を任されたので、せっかくの機会ですので、絵鳩さんの話も管理所からの話もできるだけおおぜいの人に聞かせてもらいたいと考えました。

    以下の通り計画をたてました。なるべく多くの時間でできるだけいろんな話をしていただくために午前中、9:30から始めることにしました。異例の時間設定ですが、どうか一人でも多くの方に参加していただきたく、ご案内申し上げます。

                撫順の奇蹟を受け継ぐ会神奈川支部  松山英司

    神奈川支部企画:撫順戦犯管理所訪日団歓迎行事
    4月28日(土)の計画

     会場 藤沢市鵠沼(くげぬま)公民館、及び聶耳(ニエアル)記念広場(湘南海岸公園最西寄り)
    時間 9:30~13:00 公民館で絵鳩さんと管理所職員との交歓会
        13:00~  訪中団と絵鳩さんにゆっくりと昼食をとっていただきます。
        15:00~   聶耳(ニエアル)記念広場で献花式   

     * 当日のすべての行事は湘南日中友好協会のご協力をいただき、共同で執りおこないます。

    具体的な内容はこちらの資料をご覧下さい

    No tags

    << Latest posts

    Older posts >>

    Theme Design by devolux.nh2.me
    Copyright (C) 2010 撫順の奇蹟を受け継ぐ会 神奈川支部
    maintained by gaou.net
    To top